サイトマップ

注目

News !

セミナー 交流会 ビジネス情報

セミナー 交流会 ビジネス情報

http://kigyosama.com/?cat=31

勝手推しブログ エッセー

http://kigyosama.com/?cat=17

ダイレクトメール テレマ支援 マーケティング支援   見込客創出応援団

FAXDM データベースINDEX  FAX DM  テレマ/DM用リスト

同送同梱 属性広告 ニッチメディア  コラボレートDM  新媒体

ナースマーケット  看護士マーケット

成果報酬型サービス 成果報酬型サービス   成果報酬セミナー集客

各種統計  各種統計

メルマガ 見込み客創出応援団ニュースバックナンバー

メルマガ 見込客創出応援団ニュース

またまたNHK逆転人生

NHK逆転人生 警察のウソを暴けよりhttps://www.nhk.or.jp/docudocu/program/4470/1795025/index.html

http://tsubuchan.blog.jp/archives/20730322.html

東京築地市場での駐車禁止の取り締まり時の婦警と被害者のやり取り時に

暴行、公務執行妨害の疑いから無罪を勝ち取った物語

1番目に恐ろしいという事

2番目にこの時代にたくさんの目撃者がいる中でめちゃくちゃなシナリオを

警察が書いていることは時代錯誤も甚だしいという事。

ちなみに被害届も(おそらく自供時の調書も)警察官が下書きをしてくれて

それをなぞるだけ。。。。。

都道府県別統計とランキングで見る県民性より

二つ以上の都道府県の似ているところ似ていないをランキング化

例えば東京都と大阪

神奈川と兵庫、はたまたいがみ合っている

栃木と茨城、千葉と埼玉などを比べ「なあんだ似てるじゃん!」とか

「やっぱ、似てねえな。。。」などと遊ぶ。

https://todo-ran.com/t/hikaku?tdfkhikaku1=chiba&tdfkhikaku2=saitama&tdfkhikaku3=

お天道様がみている

監視社会で優しくなる人々(古市憲寿)

デイリー新潮

お天道様ではなく監視カメラが世の中をどう変えたか???

先日、上海で長く会社を経営している方に上海の今の写真と動画を見せてもらった。

我々の上海とか中国へのイメージはダイナミズムにあふれるが粗野でランボー、交通マナーはひどい的なものがないだろうか。

結論から言えばここ数年で劇的に変わったそうだ。

バス電車は列を作って待つ、横断歩道はあくまで歩行者優先。

赤信号で横断する歩行者はいない。。。。。

上海で会社を経営する彼の推論はこうだ。

街角の監視カメラは徹底している、政府のAI、ロボット化の流れに乗ってこの分野の発達はすごい。

デジタルサイネージも同時に発達しているのだそうだが、信号無視した歩行者は瞬時にデジタルサイネージにさらされるそうです。

まさにお天道様ならぬ監視カメラだそうです。

歩行者優先を守らないドライバーへ切符が後日郵送されるは言うまでもない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191003-00585343-shincho-soci

 

 

 

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191003-00585343-shincho-soci

「フィーチャーフォン」と「ガラケー」

“ガラケー女”呼ばわりに見る「忖度」の終わり

デイリー新潮より

なるほど、なぜか巷でガラケーと呼ばれる形態をカッコいい呼び方を使い続け

いつの間にかガラケー連呼になったロジックがこれ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191005-00585358-shincho-soci&pos=2

2019 ダントツ型ランキング

都道府県別統計とランキングで見る県民性より

1位と47位の差が顕著なものを集めています。

1位の沖縄県と最下位の石川県では10倍以上の差がある鰹節消費量

1位の秋田県は95%以上支払っているのに2件に1件以上支払っていない沖縄県nNHK受診料支払率等々

2019 ダントツランキング

古市憲寿のエッセーがもっとも

DAILY新潮より

「にわか」を許さない業界は滅びる(古市憲寿)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191010-00586171-shincho-soci

紙上ではゲーム界隈のドラクエとポケモンGOを比較した例話となっているが

ファンを獲得し大きくなろうとする意志がある業界は常に悩ましい課題であろう。

スタート時点が違い、深化が違ってプライマリーが先達さんを追いかけ

先達が暖かくプライマリーをフォローする。

なんてフレンドリーで幸せな環境はそうそうあるものではない。

まだほかに(ほとんど)誰もいない。

俺たちが育てた、俺たちだけの。。。

という優越感に支えられるファン意識。

ビジネスはファンづくりと拡大化へのロードマップのバランスゲームだ。

「なぜみんな参加しないのだ!!」といきり、

「これだからニワカは…」と嘆く。

私は個人的に浦和レッズをずっと追いかけてきたので

ニュアンスはすごくわかる。

ニワカからファンへという道程が肝心だ。

ラグビー協会の皆さん、これからが勝負だ。

TVのバラエティを見ないのでよく知らないが古市憲寿氏って人

結構、わかっている人ぽっい。

少なくて金髪のデブやロン毛の政治評論家?よりも