売上UPのBtoBマーケティングはDM、FAXDM パソコン OA機器販売 全国件数表

BtoBマーケティング、見込客造りに新規開拓に役立つFAXDM
パソコン OA機器販売 全国件数表
北海道FAXDM 78
北海道DM 172
東北FAXDM 185
東北DM 376
関東FAXDM 215
関東DM 889
甲信越FAXDM 109
甲信越DM 228
北陸FAXDM 86
北陸DM 174
東海FAXDM 183
東海DM 496
関西FAXDM 220
関西DM 827
中国FAXDM 192
中国DM 289
四国FAXDM 91
四国DM 163
九州FAXDM 216
九州DM 507
全国FAXDM 1577
全国DM 4135
FAXDMは上記リストレンタル付で単価20円
同一リストへ3回連続配信で3回分で50円

売上アップのBtoBマーケティングはDM、FAXDM パソコン OA機器販売 件数表

BtoBマーケティング、見込客造りに新規開拓に役立つFAXDM
パソコン OA機器販売 件数表
首都圏(東京 神奈川 埼玉 千葉)
東京都FAXDM 80
東京都DM 264
神奈川県FAXDM 30
神奈川県DM 236
埼玉県FAXDM 39
埼玉県DM 148
千葉県FAXDM 17
千葉県DM 105
北関東(茨城県 栃木県 群馬県)
北関東FAXDM 49
北関東DM 135
全国FAXDM 1577
全国DM 4135
FAXDMは上記リストレンタル付で単価20円
同一リストへ3回連続配信で3回分で50円

売上UPのBtoBマーケティングはDM、FAXDM ソフト販売 全国件数表

BtoBマーケティング、見込客造りに新規開拓に役立つFAXDM
ソフト販売 全国件数表
北海道FAXDM 7
北海道DM 17
東北FAXDM 17
東北DM 34
関東FAXDM 36
関東DM 108
甲信越FAXDM 18
甲信越DM 34
北陸FAXDM 11
北陸DM 19
東海FAXDM 27
東海DM 52
関西FAXDM 43
関西DM 80
中国FAXDM 28
中国DM 54
四国FAXDM 9
四国DM 18
九州FAXDM 32
九州DM 73
全国FAXDM 228
全国DM 491
FAXDMは上記リストレンタル付で単価20円
同一リストへ3回連続配信で3回分で50円

売上アップのBtoBマーケティングはDM、FAXDM ソフト販売 件数表

BtoBマーケティング、見込客造りに新規開拓に役立つFAXDM
ソフト販売 件数表
首都圏(東京 神奈川 埼玉 千葉)
東京都FAXDM 14
東京都DM 39
神奈川県FAXDM 4
神奈川県DM 23
埼玉県FAXDM 8
埼玉県DM 16
千葉県FAXDM 4
千葉県DM 9
北関東(茨城県 栃木県 群馬県)
北関東FAXDM 6
北関東DM 21
全国FAXDM 228
全国DM 491
FAXDMは上記リストレンタル付で単価20円
同一リストへ3回連続配信で3回分で50円

結婚 出産 避妊に関する統計

社会実情データ図録より

結婚と出生のタイミングの変化についての人口動態統計データ

要はできちゃった婚割合の話で結婚妊娠出産が妊娠結婚出産へ順番が変わっているの統計です。

が実はもっと重要そうなことは第1子を産むまでの婚姻期間が長くなっている要は子供をなかなか作らない的な傾向が顕著となっている。

https://honkawa2.sakura.ne.jp/1536.html

 

もうひとつは避妊方法、国際比較。

国、文化で主要な方法はかなり違っていてへえとなる。

https://honkawa2.sakura.ne.jp/2266.html

またも埼玉の話題:埼玉発「ぎょうざの満洲」 消費増税に負けない“独自すぎる”ビジネスモデルに迫る

3割うまい!!の謎のキーワードの秘密も明かされる。

ITMedia ビジネスオンラインより

16年連続で成長を続け2002年当時から店舗数で2.8倍、売上高で3.6倍へと着実に伸びる町中華出身の飲食チェーンの物語。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1907/09/news039.html

 

 

「奇跡のウナギ缶詰」物語――“日本一の防災”目指し始まった「町おこし」

ITMedia ビジネスオンラインより

南海トラフ大震災が起こった時は

34Mと大津波が予想される高知県の黒潮町の物語。

当然、日本一の津波が来ることが予想されれば悲嘆にくれ人口は流出し

あきらめムードが蔓延するところではあるが民間の農業経営者出身で、東日本大震災の前年に30代で当選した大西勝也町長は職員に「あきらめるな」の訓示を飛ばす。

発表直後は自身も頭を抱えた町長はやがて反転、攻めの防災へと転じる。

東北大震災時。震災前からの防災教育で成果を出していた片田敏孝・群馬大教授の言葉大きかったという。

「町長、津波34メートルが日本一の想定で良かったやないですか。だったら、日本一の防災をすれば注目を浴びますよ。その勢いをかって、町おこしをすればいい」

「防災×町おこし=防災缶詰工場」と考え自身への備え、南海トラフ地震への危機感は商機ととらえた。そして東北大震災被災者の声から非常食は日常食でもなけらばならないとして生まれたのが四万十川のウナギのかば焼き缶詰だ。

 

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1907/11/news022.html