熱中症の被害者が出ても、夏の甲子園が絶対になくならない事情

ITmedia ビジネスオンラインより

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1808/07/news043.html

本当に危険だ、何なら文科省で一言注意したらよいのに。

アメリカの高校生にこうしたCUP戦を戦わすやり方はない、休養を取らせる的な話をよく聞く。

だが1998年のWcup決勝が真昼の炎天下で行われたのは欧州のゴールデンタイムに合わせたわけだし、オリンピックが秋に行われないのはアメリカのスポーツ開幕と被るからだ。サッカーはプレWcupのコンフェデ杯でセネガルの選手が死亡したのがきっかけで少しは善処された。

まあ、実現はしないにしろ最近人気の朝日、毎日新聞の社長が「早急に(改善、対策を)検討しなければならない」という談話を発表するだけでも多少の人気取りにはなっただろうに。。。。

阪神淡路大震災の2か月後に勇気を与えるかなんか言って強行した人たちだからね。。。。。

 

 

地域の権力者

まるでリオデジャネイロのサンバカーニバルと一緒だという人もいる阿波踊りである。

昨年あたりから全国版のニュースでも知られるようになってきたが

県民75万人市民25万人の徳島県がもめている。

http://www.topics.or.jp/articles/-/86758

阿波踊りの真っ最中に徳島市長が東京のTV局に出演したりしてかなり全国区に流れてきた。

赤字の垂れ流しの観光協会を市が排除して是正を試みたが協会が反旗を翻して総踊りを決行した。安全安心に不安があったのだがともかく無事でよかった的な流れを極めて異例だがプロパガンダしたかったようだ。

https://www.daily.co.jp/gossip/2018/08/15/0011544453.shtml

https://search.yahoo.co.jp/video/search?rkf=2&ei=UTF-8&dd=1&p=%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E5%B8%82%E9%95%B7+%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

だが昨年、現代がスクープしたのは徳島新聞の利権の構造と徳島新聞のグループ会社出身の元タレントの市長がたてつく観光協会の戦いも対なものは同じ、オールドメディア同士の忖度だがなんだかで触れない。

阿波踊り中止?赤字・協会の破産「徳島新聞社の見解」を整理してみた(2017年)

http://www.topics.or.jp/articles/-/87196
https://yoshiokuno.com/awaodori-tokushimapaper/
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/51853

発行部数23万部の地方紙だが占有率では日本でNO1の徳島新聞。

首都圏に住んでいるとわからないが地方にとっての地方新聞はある種、権力だ。

たかが社員数300人売上100億程度ではあるが地方でNO1メディアは絶大な影響力があるのだろう。

同じく、行政も県知事、市長も大きなステークホルダーだ。

 

しかし徳島県には資本で800億円のマンモス企業の大塚グループがある。

徳島の隣の鳴門市と徳島県のスポーツ文化へ巨額の寄付をする大塚グループはこの件では沈黙を守っているようだ。(違っていたらすまない)

 

まあ、どこにでもしゃしゃり出てくる中央の政治屋が出てこなくて良かったね。

何とか隊だのなんとかズみたいのが後ノリで来ると胸糞悪いから。。。。。

 

 

 

朝日新聞はなぜこんなに嫌われるのか  まったくもってそう思うwwww

朝日新聞はなぜこんなに嫌われるのか――「権力批判はメディアの役割」という幻想の終わり

BUSINESS INSIDER JAPANより

社会の木鐸だの天声人語だのどんだけ上からだよ!!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00010002-binsider-soci&p=1

 

やりたいことをやって現在進行形でトップを走る人

BuzzFeedJapannより

はじめしゃちょー、25歳。好きなことを、仕事にしてわかったこと

学生時代から始めたゆうーチューバーとしてとして受けるものを出し続け

好きなものをしごととすることを題字氏にしながら変わらなかったこと変わってきたこと。。。。

https://ex.yahoo.co.jp/buzzfeedjapan/heisei31/3.html

まだまだアメフト騒動とお相撲

国際的に特異なキャラクターの二人の会談やら

新幹線で暴れた〇〇ガイやらのせいで薄れていくところですが

先回も触れた日大アメフトとお相撲…

『我々は法律だけではなく世の中からどのように見えるかを

常に意識せよ。』アメリカのインテルの誰かの言葉だが

このような視点が見事に欠如していることと我々の身の回りにも実にありそうで

巨大権力は陰で。。。。的な火事場見物的欲望を刺激してたのかもしれない。

DIAMOND onlineより
日大アメフト事件の謝罪がどうしても心に響かない根本原因
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180601-00171389-diamond-bus_all

アメフト事件で日大の危機対応がまったくダメな3つの理由

https://diamond.jp/articles/-/170780

日大「内田・井上コンビ」にソックリな人物は日本中の会社にいる

https://diamond.jp/articles/-/171295

ついでによく言われる日大の権力構造についてはこちら

現代ビジネスより

日大アメフト問題の根源にある「日大総長抗争50年史」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55888?utm_source=yahoonews&utm_medium=related&utm_campaign=link&utm_content=related

しかしながら日大総叩きと相撲協会の騒動の違いはステークホルダーの多少の差だろうか?

堀江貴文一人が塀の向こうへ行って東芝も西武グループも山一も塀の向こうへは誰も行っていない。

私の知り合いの弁護士とおしゃべりした時「日大の対応はどんなにバッシングされても刑事罰だけは逃れようとする作戦なのだろう。」と言っていました。。。。。

 

貴乃花は“政治”に走らなかった 問われる相撲協会執行部と評議員会の資質

VICTORYより

https://victorysportsnews.com/articles/6265/original

日大アメフト騒動で意地悪なメディアが池坊氏へコメント取りに行っていて

期待通りの『最悪ですね、許せません。』ってギャグセンスあると日本中に知らしめた。

まあ、最近まで星野監督の鉄拳制裁やら無理ヘンに拳骨で育てるやら言っていたのだから頭切り替えないとですよね。

メディアの未来

朝日新聞 GLOBEより
http://globe.asahi.com/feature/081208/side/01.html

ちょっと古いが朝日新聞社のネット上の特集

引用文献以外に連載の特集となっているのでそれぞれまあ面白い。

朝日が言うか!!的な感想は免れないのは自業自得だ。

誰もが気が付いているが「誰もが制作者になり発信者になりうる時代」になっているのだから少なくとも新聞紙が社会の木鐸を自称するのはおこがましい。

必死にフェイクニュース撲滅キャンペーンを新聞社が展開したがっていたが

笑止。すくなくともアメリカでのフェイクニュースバッシングの標的はオールドメディアだったからな。

もうすでに言論統制できる時代ではなくなっているとは思う。

ジャニーズ事務所、朝日新聞毎日新聞的なメディア統制の時代はもうノーサンキューだ。

日大の宮川選手のおそらく弁護士が書いたであろうメディア対策というより危機管理対策は見事でした。

あとは貴乃花部屋の弟子暴力事件みたいに足をすくわれないように気をつけてね。

 

最後はメディアの未来から話が脱線しました。

教えて、大相撲協会が切り抜け日大が切り抜けられなっかたワケ

金屏風たてて謝罪記者会見した大阪吉兆に始まる

日本危機管理失敗史に間違いなく残る日大アメフト騒動。。。

まずは関西学院のQBの怪我がひどいものでなくてよかった。

日大アメフト部も国技を自称するお相撲も理不尽な暴力とそれを発生させ、

日常的に行われていることをうかがわせる事態が世間の注目を集めた。

 

結論から言えば誰かお相撲がうやむやになって日大が収集困難になった状況を

解説してほしい。

相撲が実はメディアがステークホルダーで日大はあまりに強大な田中理事長帝国でステークホルダーが限られているせいか???